登録販売者の転職・就職のための募集・求人情報

登録販売者の転職・就職のための募集・求人情報 登録販売者求人.jpは、市販薬販売のプロを目指する方のために、 すべての募集・求人情報を取り揃えた、登録販売者求人・募集・転職・就職ポータルサイトです。 わが国には、マツモトキヨシ安藤薬局一本堂ハックドラッグなど数多くのドラッグストアがあります。 ドラッグストアは、日用品や小物、ビューティー用品、一般用医薬品などを販売しており、登録販売者とよばれる免許を持った販売員がいます。 一般医薬品のうち、第1類医薬品、要指導医薬品を販売する場合には薬剤師が必要となります。また、医師の発行する処方箋を調剤できる設備がある場所は薬局と表記されます。 一般用医薬品は大きく4種類に分かれます。 Sabia que o Autor deste Post Ganha Dinheiro até Hoje por te-lo Escrito? Ganhe Dinheiro Escrevendo Artigos 要指導医薬品:要指導医薬品は、大きく、ついこの間まで、医師でしか出してもらえなかった薬です。つまり、市販薬として初めて販売されることになる薬です。 取り扱いに注意が必要なので、販売に先立って薬剤師は、薬を買おうとしている人の情報を聞くとともに、文書での当該医薬品に関する情報提供を行うことが薬に関する法律で決められています。 例えば、ロキソニンSゲル(第一三共ヘルスケア株式会社)などです。 第1類医薬品:第1類医薬品は、マイナス作用、飲み合わせなどの項目で安全性上、特に取扱いに気を付ける医薬品です。店頭での陳列についても決められていて、購入者が薬剤師の説明を聞かずに購入することがないよう、すぐには取れない場所に配置されています。 第1類医薬品の例としては、ガスター10(第一三共ヘルスケア)などがあげられます。 第2類医薬品:第2類医薬品は、副作用、飲み合わせなどの面で安全性上、取扱いに気を付ける薬です。 またこの中で、より注意を要するものは指定第2類医薬品となっています。表記する場合に、数字の「2」の部分が〇や□で囲まれています。 風邪薬(総合感冒薬)などの主力商品はこの第2類医薬品に当てはまるものが多いです。 第3類医薬品:第3類医薬品は、マイナス作用や飲み合わせの面から判断した際、上記に当てはまらない薬品です。サプリメントなどは第3類医薬品が多いです。 登録販売者が扱える薬品は、一般医療品(市販薬)のうち、第二類医薬品と第三類医薬品です。 安全性上、特に取扱いに気を付ける成分を含む「第一類医薬品」は薬剤師でなければ扱うことができません。 しかし、日本で売られている一般用医薬品の約9割は第二類医薬品と第三類医薬品のため、登録販売者は普通は店に置いているほとんどの薬品を販売できます。 登録販売者の仕事は主に第二類医薬品と第三類医薬品の販売ですが、医薬品を購入する購入者への情報提供や、質問があった場合の接客も大事な仕事の1つです。お客様が、薬品の最適な選択を行えるように補助することも登録販売者に求められます。 登録販売者の資格は、都道府県が実施する試験に合格後、各地方自治体に登録すれば獲得できます。テストはペーパーテストのみで、学歴や経験、年齢などの受験資格|受験基準はなく、誰でも受験可能です。 ただし、テストに合格してもすぐに医療品を1人で販売することはできません。登録販売者としての実務経験が通算で2年以上になるまでの間は、薬剤師または店舗管理者(管理代行者)になれる登録販売者の下でなければ医療品の販売はできません。 しかし「第二類」「第三類」は市販薬の9割以上を占めると言われており、登録販売者は日常生活で必要な薬類のほとんどを取り扱うことができるのです。 Continue lendo 登録販売者の転職・就職のための募集・求人情報